歯科医師バフェ子が教える歯の本当の話

現役歯科医が歯科に関する本当の情報をお伝えします!

歯科医師直伝その2!歯間ブラシっているの?

こんばんは。

先日歯ブラシの選び方について記載しました。

buffeko.hatenablog.com

アクセス先ページを見ていると、記事を見てくださっている方がいらっしゃり、とても嬉しく思っています。

 

そんなところタイムリーにも、はてなブログさんで歯みがき習慣のキャンペーンをされているとのことで、今日は前回の続きで補助清掃用品と呼ばれるものについて記事を書きたいと思います。

 

さて、前回歯ブラシの選び方について記載しましたが、実は、、、

 

歯ブラシだけでは、歯磨きはおわりません!

 

えー!と思われた方、少なからずいらっしゃるのではないかなと推察します。

外来でも、こんなお話をするとえー!と衝撃をうけてくださる方が一定数いらっしゃいますので。

 

なぜか、ということなのですが、最近CMでもやってますが、歯ブラシってどんなに歯磨きが上手な方でも60%程度しか汚れは落ちないといわれているんですね。

60%、点数にしたらぎりぎり追試にならないかなぁってぐらい。

完璧からはほど遠いですね。

 

では残り40%を何で補うか、ですが、それが「歯間ブラシ」「フロス」なんですね〜。

 

今日は、まずは「歯間ブラシ」の説明をしたいと思います。 

 

歯間ブラシ、使ったことありますか?

はてなブログのユーザーさんは幅広いので、必ずしも全てのユーザーさんが適応なわけではありません。

というのも、歯間ブラシはすごく簡単にいうと、針金に毛が巻き付けられているので、ある程度「歯間にスペース」がないと入らないんですね。

歯間にスペースがあるというのは、言い換えると、

歯周病が進行していたり、もしくは、ブリッジ(なくなった一本の歯を補填するために前と後ろの歯をつないで橋渡しにしているかぶせもの)があったりすることなので、

逆にいうとそういうことがなければ使用する必要はありません。

 

実際、私は現状では歯間ブラシが入るスペースがないので使用していません。

 

自分が歯間ブラシの適応があるかわからない!

という方はこれを機にお近くの歯科医院を受診されてみてはいかがでしょうか?

歯間ブラシのサイズを知りたいとおっしゃっていただければ、適切なサイズを教えてくれると思いますよ。

 

歯間ブラシの選び方、ですが、

 

 

個人的には、こんな風に毛先の部分が曲がっている方が使いやすいように思います。

歯間ブラシは入れ方が結構難しいので、うまく入れないと歯茎に針金が刺さってしまうので、こんな風に曲がっている方が取り扱いしやすいかなと思います。

 

ちなみにゴムでできている歯間ブラシもありますよね。

ゴムのもののメリットは、刺さっても痛くない!ということ。

慣れなかったり、針金がささるのが怖いなぁという方はこちらにされてみてもいいかなと思います。

 

ただ、清掃性はやはり針金に毛がまきついているタイプの方が良いので、ある程度慣れたら針金に毛がまきついているタイプに移行してくださいね、とお話ししています。

 

今日は歯間ブラシの必要性と選び方についてお話ししました。

参考になればうれしいです。

おやすみなさーい 

 

電動歯ブラシ「ドルツ」特別お題キャンペーン #はてなブログ歯みがき週間 「私の歯みがき」

バナー
Sponsored by Panasonic

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ

プライバシーポリシー お問い合わせ